肩こりを発症させる原因とは?

みなさんの中に肩こりでお悩みの方はいらっしゃいませんか?中には、慢性的な肩こりでお悩みの方もいらっしゃる事でしょう。
そんな方は、是非肩こりを発症させている原因を追究し、普段の生活の中から改善していけるよう努めてみてはいかがでしょうか。こちらでは、肩こりを引き起こしている原因をいくつかご紹介していきたいと思います。

姿勢・体勢

肩こりの最も大きな原因は、やはり日頃の姿勢や体勢が関係しているといわれております。例えば、オフィスワークの場合、おもにパソコンを使用しての業務が中心となります。

中には長時間同じ体勢で作業を行う方もいるため、首から肩の筋肉に疲労が生まれ、血行不良を起こし、こりや痛みとして現れやすくなります。もちろん、細かい作業が多い方や読書を長時間する方も同様です。

肩や首、腰は姿勢や体勢の影響を受けやすいところですので、時々首や肩を回したりと、こまめにストレッチを行っていくようにしましょう。また、姿勢の悪さはこりや痛みだけでなく、身体にあらゆる不調をもたらす可能性もありますので、座った時の姿勢も今一度見直してみましょう。

運動不足

運動不足も肩こりの大きな原因となります。筋肉は、動かさなければ緊張し、硬くなるといった特徴を持っているため、こまめに運動をし、筋肉を柔らかくしてあげる事が必要です。さらに、運動不足は筋力も低下させてしまうため、姿勢を維持するために必要な筋力にも影響を与えてしまいます。

それだけでなく、人の身体は動かす事によって血流を促進するため、運動不足になる事で首や肩に老廃物が溜まりやすくなり肩こりを発症させてしまいます。
首や肩は、身体の中で最も重いといわれている頭を支える部分なので、それだけ筋肉の疲労も激しいです。適度な運動を心がけ、血流を良くし、筋肉をほぐしてあげましょう。

ストレス

「ストレスは身体の大敵!」と呼ばれるほど、ストレスは身体に様々な影響を及ぼします。その一つが肩こりです。人は自律神経の働きによって、内臓や血管など体内の環境やバランスを整える事ができています。

ところが、ストレスを溜めてしまうとこれら神経系がしっかりと働かなくなるため、慢性的な疲労やだるさ、めまい、不眠、こり、痛みなどを引き起こしてしまうのです。原因不明の慢性肩こりでお悩みの方も、意外とこのストレスが原因となっている事も多いので、日頃のストレスを溜めないように努める事が重要となります。

このように、肩こりを引き起こしている原因は様々あります。これらを日頃から意識して改善することをおすすめしますが、日々の仕事や家事などで意識して実践するのはなかなか難しいと思います。痛みが慢性的になる前に当院で早めのケアをすることをおすすめします。

名古屋市に所在する当院では、偏頭痛やむち打ち、四十肩に五十肩の施術も行っておりますので、日常的な痛みやこりでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

痛みに関する事ならお気軽にご相談ください
井本アカデミー
Facebook
メール会員募集中
トピックス
ごあいさつ

井本接骨院


電話番号 052-824-0120
診療時間 9:00〜19:30
〒457-0058 名古屋市南区前浜通7-5-1

受付時間のご案内

 
AM9:00〜
PM12:00
PM1:30〜
PM3:00
PM4:00〜
PM7:30

休診日:祝日・土曜午後・日曜午後
姿勢チェック、アドバイスのみの方でもOKです。日曜日は予約制となります。
あらかじめご予約ください。